ダージリンに0.1g計


具体的な淹れ方について。
ティーポットは、茶漉しを別に用意するなら100円ショップのもので充分ですが(というか口が広がっているものでなければ、手近なカップに蓋をして充分代用可能)、ダージリンを買う場合は0.1g計も購入をお勧めします。
ハズレもあるようですが、個人的には1000円前後の怪しげな中国製で充分使えています。


基本的には一人分湯150ccに茶葉2g、湯の量が多くなると、必要な茶葉は容量当たり少しずつ減っていきます。


また普通、淹れる前にいったんポットやカップに熱湯を入れて温めておきますが、ダージリンのファーストフラッシュについてはやや低めの温度の抽出が適しているので、その手間を省いて直接淹れてしまってもいいです。
まあ好みにもよりますが。


ちなみによい茶葉を適切に淹れた場合、お茶が冷めてしまってからの方がむしろおいしいですよ。